2007年11月10日土曜日

☆Discovery ! ! ☆ Gentleman & Lady


秋晴れの本日、六甲アイランドにて。Mr.markとMs.Alexandraの素晴らしい信頼関係に、目を奪われました。
本当に素敵でした。「待っててね」と声をかけて、コーヒーを買いに行ったMr.を目で追いながらフセをして待つ、Alexandra。
ん〜っ、信頼関係なのだ。でも…すごいな!!と、Mr,Markに直撃取材。以前、犬の専門家、ドッグトレーナーの仕事をしていたそうです。納得!
Alexとは、念願の出会いだったそうです。ところで、Alexの外観、珍しいですよね。Vizslaと言い、中央アジアの遊牧民が現在のハンガリーに定住した際に、野鳥や小動物のハンターとして飼育されていた土着犬が始祖犬と考えられています。
日本では、あまり見かけませんが、Alexは金の鯱で知られる愛知県出身。現在5歳になる淑女ですが、現オーナーのMr.Markの所へ来る1年半前は、殆ど外へは出たことがない生活をしていました。そのため、Mr.Markのところへ来た当初は、犬や人、環境などに対し非常に警戒心、恐怖心があったそうです。でも、現在はMr.Markとの信頼関係がAlexの警戒心や恐怖心を解いたようです。
Mr.MarkはVizslaをパートナーとして希望していたので、二人を導いたのは必然の出来事だったのかもしれないな〜、なんて とことん素敵な出会いに充実した1日を過ごせました。
ありがとうございます!!また、ご一緒しましょうね。

2 件のコメント:

Kitaki さんのコメント...

うーん、いいですねぇ。

初めてイギリスでハンガリアンビズラを見た時、「茶色い…ラブ?」って思いました。
六甲アイランドでは色々な愛犬が見られるので楽しいですよね〜。

セラピードッグ さんのコメント...

kitakiさま、コメントありがとうございます。
いや、本当に見た事の無い犬種ってたくさんいますよね。
純血だけではなく、近頃はハーフが多くて…
余計に「ん?」と目を惹く子たちが多いですね。
異国だと、同じ犬種でも体格が大きかったり、と違う犬種に見えるものもいますよね。
また、面白ネタなどありましたら、お知らせ下さい。